300年住宅

強固でスリムな躯体をもつ、PC(プレストレスト・コンクリート)住宅施工例

RC工法(鉄筋造)の弱点を補う為に、生まれた工法です。
現在、この工法は公共土木工事の分野で生かされ、大きな荷重のかかる高速道路や橋梁などの大規模な建築物に用いられているようです。

300年という耐久性を持つ強靭な部材にする為に、コンクリートの部材を作る際に鉄筋の4?5倍の引張り強度がある鋼材を通して緊張させ、コンクリート自体に内側に圧縮する力を発生させます。
この力で構造物にかかる荷重や構造物の重さから生じる応力を打ち消す為、ひび割れしにくい強い部材が出来ます。

都心・15坪という敷地を有効活用する為に、敷地いっぱいに建築できるPC工法(プレストレスト・コンクリート)の技術を生かした住宅の施工例です。
RC工法(鉄筋造)の半分近い壁厚に出来る為、15坪の敷地でも伸びやかな空間を構成する事ができました。

では、地上5階+地下2層のゆとりの空間をご紹介します。 今回は高品質な設備から主要な家具までをトータル的に、1人の建築家によりプロデュースしております。

外観

PC工法で建てられた均整が取れた美しい外観。
構造体をスリムにすることで吹き抜けのワンルーム空間、ガラス張りの大開口を可能にしました。

地下2層

6mの天井高の地下室。
店舗として運用することも考慮し、床材の金鋼を敷けば2フロアになります。

1F

2台分のガレージを確保しています。

2F

バスルームとパウダールームを1つの空間とし、一体化させ、ガラス張りにすることによって広がりのある空間を演出しています。

浴槽、水栓金具、壁、洗面台を好みに応じてコーディネイトし、自分だけのオリジナルなバスルーム&パウダールームが構築できます。

3F

解放感のある吹抜けのリビングはシンプルな美しいデザインの螺旋階段を上がると、スタイリッシュで機能的なダイニングキッチンへと続きます。

4F

ソリッド感が美しいハンドメイドのシステムキッチン。
ガラスの収納庫を手摺り代わりに設け、半透明 ガラスの拡散された光が柔らかく届くように配慮されています。

5F

多目的スペースとして使える最上階は、多目的スペースとルーフバルコニーを繋ぐ、折りたたみ式サッシを全開にすれば2つの空間が一体化し、気持ちの良い開放された空間へと広がります。

さらに屋上には、都心にいながらリゾート気分に浸れるジャグジーバスが設置されています。
夜景を見ながらのバスタイムは1日の疲れを癒してくれることでしょう。