失敗する注文住宅

多数の相見積

よく施工業者に複数の相見積を取り、
長期間複数の業者とお打ち合わせをする施主様がいらっし ゃいます。

この場合、充実した中味の濃い打合せ出来ず、業者同士が足の引っ張り合いもするケースがあり、
竣工した現場を見ても、あまりいい建物が出来ないことがあります。

相見積の取り方、業者選定のお手伝いをさせていただきます。

値引の交渉

「世界で唯一のあなただけの注文住宅」とはいえ、
費用はなるべく抑えたいもの。
しかし、建物の価格を安く抑えすぎると危険です。


建売住宅の例をあげてみます。

最近の建売も一時期と比較してずいぶんよくなってきました。
「これで2000万円台?」と感心するような物件もちらほらあります。

しかしそれはあくまで素人目での見栄えのこと。
構造や施工方法など細かく見ればやはり違いが出てきます。

建売業者はビジネスとして利益を出すため、複数の業者に相見積もりをとり、
その中で比較的まともで、一番安く短期間でできる業者に依頼しがちです。

仕事を受注したい施工業者も、格安で見積りを提示し、
なんとか利益を出そうと安い工賃の大工さんに依頼することになります。

そうなると、手抜き工事までとはいかなくても
熟練の職人さんには程遠い職人さんが担当することがある
ようです。

結果、言わずと知れた建物の出来栄えになります。
(もちろん、腕の良い職人さんが立てた建売は注文住宅にも見劣りしない物件もあります。)

建売住宅でそうなのですから、一点ものである注文住宅ならなおさらです。

職人気質の腕の良い熟練工(クラフトマンシップ)は、自分の腕に自信があり、誇りを持って仕事をしています。
そういう人達を何人も見てきましたが、ほとんどの場合あまり安い工賃では仕事を請け負わない
のが通例です。「俺の腕は、そんなに安くないよ!」と工賃が安過ぎると断られることもあります。

とはいえ、「よい注文住宅をなるべく適正な価格で建てたい。。」
というそのお気持ちよくわかります。ご安心ください。コツがあります。

では、この値引き交渉はどこまですればいいのでしょうか?アドバイスさせていただきます。