弦巻の家

内部の空間構成に呼応して出来上がった外観。地上2階建てとは想像し難い。

 

アプローチ上部の袖壁を見上げる。外観と室内からの視線を考慮してレッドシダーを使い分けている。

 

階世帯玄関より見る。居室床を玄関より80cm上げる事で、採光と視線(プライバシー)を調整している。

 

1階のLDKは上階のレベル差を活かして天井高3Mの開放的な空間に。
南面の大開口により、1階でありながら十分な採光を確保。

 

2階世帯玄関ホール。
シューズボックスは3種類(ラワン・ナラ・シナ)の素材とデザインにより、収納量を確保しながらもスッキリとした印象に。

 

螺旋階段の中心から地下のホールに"丸い光"が落ちる。

 

地下にある寝室。ドライエリア上部のグレーチング床より光が差し、風が抜け
地下とは思えない空間に。

 

階段見上げ。支柱の無い螺旋階段の中心には4層分の丸い吹抜けがあり、空に吸い込まれるよう。

 

中2階の洗面脱衣室。石張りの空間に天然木でアクセントを与えている。
洗面台は通常ウッドデッキで使われる材料で製作。

 

中2階より2階へ。"階"という概念からかけ離れた不思議な部屋同士の関係。

 

リビングに付随する天井高1.4Mの畳スペース。
開口部にはルーバーを設けてプライバシーを確保。外観のアクセントにもなる。

 

約5Mの天井高を持つLDK。平面的な狭さを補完する吹抜やトップライトにより圧迫感を払拭している。
天井は米松による仕上げ。

 

ステップを伴うLDK。吹抜けたリビングと、対照的に化粧梁により空間を限定したダイニングキッチン。
レンガ壁を中心に各レベルが展開する。

 

リビングより階段を見る。
中央のステンレスワイヤ−はトップライトから注ぐ光を抽象的に表現していると共に、転落防止として機能する。

 

ダイニングよりリビングを見る。枠が消失した開口部により、バルコニーを内部化している。

 

リビング夕景。家具配置と共に照明計画を進める事で、過不足なく空間性を損なわない光を演出。

 

キッチンより天井を見上げる。化粧梁にて空間を限定する事でリビングとは異なる空間体験をもたらす。

 

吹抜より各スペースを見渡す。リビングを中心に様々なレベルで空間が展開している様子が分かる。

 

ブリッジよりダイニングを見下ろす。大きな吹抜空間にはシーリングファンを設置して空調効率にも配慮。

 

バルコニーから屋上に上がるタラップ。
不規則に取り付けられた3本の手摺は、使い勝手を綿密に検証した上で位置を決定。

 

建物の凹凸と素材の凹凸を強調する照明計画により、印象的な夜の外観に。

 

両世帯共通の玄関ドアには黒皮鉄板を使用。黒皮特有の色ムラをそのまま仕上げとしている。