八雲の家

白い外観がひと際目立ちます。

 

玄関のシューズクロークの下部には間接照明を設け、クローク中央にも玄関を飾るためのスペースを設けました。

 

階段手摺りの下にも照明を埋め込みました。

 

RCの立ち上がりも居室デザインの一部となっています。

 

高基礎を利用した大きな床下収納を設けました。

 

大きな床下収納から見た玄関部分。

 

明るい居室は将来的には子供部屋として、現在はゲストルームとなります。

 

子供部屋は大きなサッシから明るい光が差し込みます。

 

大きなウォーキングクローゼット付きの主寝室です。

 

浴槽も家のコンセプトに合わせて、コントラストを利かせた白と濃い茶を使用。

 

ダブルボールの洗面は、規制の洗面ボールを2セット連結させモザイクタイルで装飾して仕上げました。

 

2階の板貼りした勾配天井には間接照明を当て、快適なLDKの空間をデザインしました。

 

明るいLDKには電動で開閉するロールスクリーンを採用しました。

 

キッチンも統一感を出す為、LDKの床材をキッチン全面にも貼り付けました。

 

キッチン側からLDを見渡しても、一体感があります。

 

階段の手摺りもシャープにデザイン性の高いものにしました。

 

撮影時には間に合いませんでしたが、お子様の為特注でデザインした手摺を設けます。

 

大きなルーフバルコニーはアウトドアリビングとして最適です。